ゲーム課金しすぎて借金!?

お金使い過ぎ
後悔しても
辞められない心理とは?!

オンラインゲーム
ソーシャルゲーム
課金に手を出して
止まらない人が
増えているようです。

後悔しても
やめられない人も
たくさんいるそうですね。

今回は
ゲームの課金に
後悔している人向けに
やめられない心理や
解決策も含めて
ご紹介したいと思います。

ゲームに課金しすぎて借金?

スマホゲーム

オンラインゲームなどの課金は
最初は100円など安い金額
課金できるので
誰でも手を出しやすいですよね。

課金をしてしまう
理由について
アンケートの調べでは
「小額だから」が
32.4%と
大きく占めています。

やはり
きっかけは
少額で
手を出しやすいという理由が
大きいのですね。

そして
電車に乗っている時や
仕事の休憩時間など
暇さえあればスマホで
ゲームできてしまう
手軽さのようなものも
ありますよね。

携帯代は
クレジット払いなどが
一般的で
簡単に課金できてしまうので
思いついたときに
課金ボタンを
クリックしてしまうでしょうし
実際にその場で
お金が出て行くわけではないので
お金を使っている感覚も少なく
いくら使ったかなんて
把握しにくいと思います。

しかし
気付けば
1,000円から
10,000円
どんどん金額が
上がっていってしまう
危険があります。

一番危ないパターンが
気づいたら時には
金銭感覚が麻痺してしまい
課金自体が
ゲーム感覚で
考えてしまうことです。

心理的に
お金に対しての感覚が
すでにゲーム感覚
なってしまっていることですね。

いつの間にか
のめり込んでしまい
借金してでも
オンラインゲームに
お金を費やす人が
増えてきているのは
この原因が大きいでしょう。

ちなみに
スマホゲームの調査では
男28.0%・女19.0%の
利用率となっていて
男性の方が
多く利用しているデータと
なっています。

後悔しても辞められない心理とは?

sponsored link

後悔しても
やめられない心理を
知るためにも
まずは
ハマりやすい人の
2つの特徴を知りましょう。

負けず嫌いな人

スマホゲームでハマる人に
一番多い特徴
いえるのではないでしょうか。

人にライバル意識のある
負けず嫌いなタイプは
あの人が持ってるなら
自分もと思い
ガチャを
回してしまったりします。

さらに
オンラインゲームは
周囲と競うこと
多いので
負けず嫌いな方ほど
ハマりやすいといえます。

寂しい人やストレスを抱えやすい人

心理的に
寂しかったり
大きなストレスを受けたり
自分なりに
上手くストレス解消や
気分転換できないと

ゲームを初め
パチンコやパチスロ
競馬・競輪のような
ギャンブルにも
依存してしまう危険があります。

依存症は
誰でもなりえる
怖い症状ですよね。

ギャンブル依存の
心理については
コチラをご覧ください。
ギャンブルの心理状態とは?治療法も超具体的に解説!

それ以外にも
買い物依存や
アルコール依存など
何かに頼り過ぎてしまう
特徴があります。

その中でも
達成感を
気軽に感じやすい
オンラインゲームは
ストレス解消をしやすく
寂しさを埋めてくれるのです。

ですので
2つの特徴をもった
負けず嫌いの人や
ストレスや寂しさを
感じている人は
のめり込みやすいといえます。

そして
課金しすぎて
後悔しても
負けず嫌いの人は
熱くなって課金
繰り返してしまう心理が
ありますし
ストレスや寂しさを感じる人は
達成感が癖になり
何度も課金を
繰り返してしまう心理が
働くのです。

さらに
具体的な
やめられない理由と
して多いのが
オンラインゲームなどで
よくみられる
「期間限定」「時間限定」などを
レアに感じてしまうことから
ついつい
手を出してしまうことも
あげられます。

また
他のプレイヤーに
頼られると
断りづらく
何とかしたいという
気持ちにも
なってしまいますね。

オンライゲームには
そういった心理も
関係してくるのでしょう。

対策や解決策は?

解決策

でもやはり
借金や生活費に
手を出してまで
ゲームに課金することは
良くないと思いますので
ここでは
対策や解決策を
2つに分けてご紹介します。

クレジットカード払いをやめる

一番最優先すべきは
クレジットカード払い
やめることです。

借金までするレベルの人や
してしまいそうな人は
クレジットカードで
支払いをしている人が
多いでしょう。

そして
支払いが一括では厳しくなり
分割の〝リボ払い〟
切り替えてしまったら
いよいよ危険です。

そうならないためにも
クレジットカードでの
支払いをやめて
課金する時は
コンビニ等で
毎回iTunesカード等を
現金で
買うようにしましょう。

それを徹底することで
クレジットカード払いを
やめることになりますし
現金を使って
課金している感覚に
戻れると思います。

やはり
クレジットカードの
怖いところは
現金を支払ってる感覚
無くなってきてしまう
ところですからね。

そもそも
現金で払えないなら
ゲームをするべきではない
いえますし
現金で支払いをしていれば
借金をするレベルまでは
なかなかいけないですからね。

もっと言えば
クレジットカードの
ショッピング枠を消すか
もしくは
少なくしておくことを
オススメします。

どうしても一度
依存症に
近い経験をしてしまった人は
現金で払う生活に慣れても
油断した時
クレジットカードを
使ってしまう可能性があるのです。

なので
この記事を
読んでいただいていて
課金を控えたいという気持ちが
強い方は
クレジットカード払いをやめて
現金を使う感覚に
戻せると良いでしょう。

どうしても
意志の弱い方は
気持ちで変えづらいと
思いますので
物理的に行動して
気持ちも
新たにしてしまうことを
オススメします。

ゲームではなく現実の人と交流する

会話

ゲームの
種類にもよりますが
オンラインゲームなどは
のめり込むことで
ゲームの世界が
現実社会のように思えてしまう
危険があるといいます。

僕の周りにも
外出中でも
パソコンの電源を切らない人
就寝中に
毎日のように寝言
オンラインゲーム上の仲間の
名前を呼んでいたという人を
知っています。

オンラインゲームに
のめり込んでしまうと
アイテムや仲間が
持っている武器などに
課金を繰り返してしまうので
良くないですよね。

一番良い解決策は
現実の世界で
友人や恋人などと
会話をして
オンラインの世界よりも
楽しいと感じることです。

それが難しい場合は
これがすべての人には
当てはまりませんが
オンラインゲームに
のめり込んでしまっていることを
近しい家族や友人に相談して
できれば
目の前で一緒に
プレイしてもらうことも
一つの手です。

オンラインゲームの場合
どうしても
チャットなどでの会話が
多くなってしまい
それが楽しく感じてしまいます。

しかし
目の前で
誰かと一緒に
オンラインゲームをすることで
現実での会話が生まれ
その会話が
楽しいということを
改めて感じることが
できる可能性があります。

それを繰り返せれば
一人でオンラインゲームに
のめり込んでいることへの
解決への第一歩
なるかもしれません。

もちろん全てにおいて
依存症である自覚があり
どうしても治したい場合は
精神科に通院することが
必要な場合もありますので
判断してみてください。

そして
借金で苦しんでいる場合は
法律の相談所や
家族に一度相談して
解決策を探ってみてください。

最後に

ゲームに
課金しすぎて
借金をしてしまう人や
お金の使い過ぎに
後悔しても
辞められない人の心理を
ご紹介させていただきました。

現代では
様々なスマホゲームや
オンラインゲームが存在していて
誰でも気軽に楽しめますよね。

はじまりは
気軽でも
いつの間にか
のめり込んでしまい
課金して
後悔する人や
中には
借金してしまう人も
出てきてしまいます。

今回ご紹介させていただいた
心理や解決策を
是非参考にしていただき
適度に楽しめるように
なっていただけたら幸いです。