クリスマス雰囲気
好きな人嫌いな人
心理状態違いは?

クリスマスといえば
一年に一度
楽しいイベントですよね。

しかし
中には「クリスマスが嫌い」
という人も存在します。

そこで今回は
クリスマスの雰囲気が
好きな人と嫌いな人の
心理状態の違いについて
お話していきたいと思います。

クリスマスの雰囲気が好きな人の特徴

クリスマス 女性

クリスマスが
好きな人の特徴を
分けてご紹介していきます。

イベントが好き

春はお花見
夏は花火大会
秋はハロウィン
冬はクリスマスなど
一年のイベントは
たくさんありますよね。

そんな
イベントに敏感なひとほど
「クリスマス」は特に
好きなんじゃないでしょうか。

やはり
恋人や家族と過ごす
一年の中でも
一番大きなイベントですからね。

幼少からの良いイメージ

心理学的にも
幼少のころから
クリスマスを家族で
楽しんだ人ほど
大人になっても
クリスマスに良いイメージを
持っているようです。

親に
盛大にクリスマスを
楽しませてもらった人ほど
大人になっても
楽しめるのですね。

プレゼントをもらえるから

クリスマスは一年に一度
「クリスマスプレゼント」
もらえますよね。

小さい子供は親からで
大人になれば恋人から
もらうでしょう。

何歳になっても
人からもらう
プレゼントは嬉しいものです。

特にクリスマスは
小さいころから
好きなものをもらえる
イメージが強いので
楽しみでしょう。

恋人にオススメの
クリスマスプレゼントは
こちらです。
クリスマスプレゼントを彼女に!女性心理に響くおすすめギフトとは?

彼氏にクリスマスプレゼント!男性心理に響くおすすめギフトとは?

クリスマスの雰囲気が嫌いな人の特徴

男性

クリスマスが嫌いというと
性格的に暗い人のイメージが
ありますが
実際にはどうなのでしょうか?

分けてご紹介していきます。

クリスマスに過ごす人がいない

周囲の友人も
家族もふくめ
クリスマスに過ごす人がいない
「クリぼっち」
状態の人は
クリスマスが嫌いです。

当然といえば当然ですが
周囲に一緒に
過ごしてくれる人が
いないわけですから
楽しめませんよね。

恋人がいないから

クリスマスといえば
単純にカップルが
楽しく過ごす一日という
イメージがありますよね。

でも
恋人がいない人からしたら
寂しい気持ちに
なってしまうのです。

一緒に過ごせる
家族や友人はいたとしても
本音は恋人と
過ごしたいですよね。

特に
日本のクリスマスは
企業戦略などから
恋人が過ごす一日として
イメージ作りがされているので
余計に淋しくなってしまうでしょう。

でも
本来のクリスマスは
家族でゆったり
過ごすものですので
あまり気にしなくて良さそうです。

相性の良い相手と簡単に
出会える方法について
こちらの記事をどうぞ。
【メンタリストDaiGo氏監修】相性抜群の異性と出会えるマッチングアプリ!

クリスマスに対するトラウマがある

クリスマスに嫌な思いをした
トラウマがある人は
クリスマスを
嫌いになってしまうかもしれません。

クリスマスに
恋人と別れてしまったり
幼少のころに
親がクリスマスを
嫌っていたなど
トラウマが関係していることも。

嫌な思い出を
引きづってしまうのは
ある程度仕方のないことですが
できれば克服して
楽しんでもらいたいですよね。

クリスマスの時期は忙しいから

クリスマスの時期になると
年末になってくるので
何かと忙しいですよね。

仕事納めだったり
来年の準備など
楽しんでいる場合じゃない人も。

そんな
忙しい時期のイメージがある
クリスマスが
嫌いになってしまう人も
いるのです。

クリスマスの雰囲気が好きな人と嫌いな人の心理状態の違いは?

sponsored link

クリスマス好きの人と
クリスマス嫌いな人の
心理状態の違いは
どのようなものなのでしょうか?

その心理状態の違いは
クリスマスの雰囲気が
嫌いだという人の理由を
調べていくと分かりやすいでしょう。

まずは
クリスマスの雰囲気が
嫌いだという人の意見を
まとめてみました。

  • 街のカップルのイチャイチャが嫌い
  • 人が多くて人混みが嫌い
  • 高いプレゼントを買うのが嫌い
  • お金儲けのイメージが嫌い
上記のように
クリスマスの雰囲気が
嫌いだという人の多くは
カップルが多くて
人混みが嫌いな人や
お金の出費が
大きいのが嫌だという人が
多いようです。

このように
クリスマスの雰囲気が
嫌いな人の心理を
見ていくと
逆に好きな人の心理が
見えてきます。

クリスマスの雰囲気が
好きな人の多くは
人が集まるイベントごと
大好きです。

  • お祭り
  • ハロウィン
  • 花火大会

上記は例ですが
人が集まる場所で開かれる
イベントごとが好きな人ほど
クリスマスの
にぎやかな雰囲気を
好む傾向があります。

また
街はイルミネーションで
輝いていて
クリスマスがプレゼントなど
高価なものを購入させる
悪いイメージを持つ人は
クリスマスが嫌いですが
そもそも買い物が好きな人からすると
とても楽しめてしまいます。

クリスマスのための
限定販売や
プレゼント用の商品が
たくさん店頭に並んでいて
とても華やかですよね。

このように
クリスマスの雰囲気が
好きな人と
嫌いな人では
心理状態が
反対のような状態に
なりやすいといえます。

もちろん
性格も大きく関係していますが
幼少時の環境なども
大きく関係していて
小さいころから
街でクリスマスを
過ごしていた環境ならば
大人になっても好むでしょう。

最後に

クリスマスの雰囲気が
好きな人と嫌いな人の
心理状態の違いについて
お話ししました。

クリスマスが
好きな人からすると
嫌いな人の気持ちは
分からないものですよね。

街の雰囲気が
嫌いな人もいれば
そもそも
クリスマスが
嫌いな人もいます。

クリスマスの雰囲気が
好きな人も
嫌いな人も
それぞれに合った
クリスマスの過ごし方で
良いと個人的には
思いますね。