唇を触る噛む舐める心理とは

男女差
子供大人違いはあるの!?

唇を触る・噛む・舐めるなどを
している人は
普段の生活で意外と
よく見かけますよね。

一種の
のような
ものなのでしょうか?

隠された心理や
男の人と
女の人との差や
子供と大人の違いについても
ご紹介していきたいと思います。

唇を触る・噛む・舐める心理とは?

唇

唇を触る・噛む・舐めるには
それぞれ
どのような心理が
隠されているのでしょうか?

それぞれを
順番にご紹介したいと思います。

唇を触る心理

唇を触る心理には
大きく分けて2パターンありますので
それぞれご紹介いたします。

口唇欲求(こうしんよっきゅう)の心理

唇を触るのは
不安を感じると
触りやすいといわれています。

口唇欲求といって
口唇期(約2歳まで)の時期に
乳を吸う欲求が
しっかりと
満たされていないと
大人になっても
口さみしくなり
アメやタバコが好きになったり
口に手を入れたり
爪を噛んだりすると
言われています。

精神的にも
幼稚な人も多く
褒められたり
認められたい欲求が大きいです。

身近で
頻繁に触るような人がいれば
褒めてあげると良いでしょう。

性的欲求の心理

唇はキスなどの
性的な行為
直接つながる部分です。

そんな唇をさわる心理とは
性的な欲求不満を
アピールしていると
言われています。

ですので
唇を触るという行為は
男性も女性も
セックスアピール
強い人が多いようです。

しかし
必ずしもセックスアピールだけではなく
最近別れてしまったり
恋愛が疎遠になってしまったりしている方が
異性と触れ合いたいと
本能的に思っている可能性があります。

もしかしたら
自分は恋愛する気がなくても
心の奥底では
恋愛をしたいと思っている
人も
いるかもしれません。

そんな方にオススメなのが
あのメンタリストDaiGoさんが監修した
恋愛マッチングアプリ「with」です。

心理学を用いているということと
あのDaiGoさんが携わっているということで
信頼度がとても高いです。

本気で出会いたいなら
いつまでも待っているのではなく
『今』を変えなければなりません。

>>今すぐ「with」に無料登録して一歩踏み出す

唇を噛む心理

唇を噛んでいる人は
何かに我慢していたり
言いたいことを
我慢している可能性があります。

会話中に
相手が下唇を噛んでいる場合
それは怒りや不満を
感じているといえるでしょう。

会社で上司に
説教されている部下や
先生に怒られている
生徒などに
みられる行動ですよね。

悔しさを
堪えている表れでもあり
軽い自傷行為といえます。

ストレスや
怒りに耐えている状態ですので
あまり相手を
追い込み過ぎるのも
良くないといえるでしょう。

唇を舐める心理

唇を舐める心理についても
2パターンありますので
ご紹介いたします。

緊張している心理

唇を舐める心理は
その人が
緊張している状態
可能性が高いです。

緊張すると
口の中が乾いたり
唇も乾燥したりしますよね。

唇が乾燥すると
無意識に潤すために
唇を舐めることにつながるのです。

また
唇に刺激を与えることで
ストレスを
解消する効果もあると
いわれています。

相手に好意や興味を示している心理

女性

人が唇をなめるのは
先ほども触れましたが
赤ちゃんのときの
母親の乳首を
吸っていたころの
安心感の
名残という話もあります。

ですので
先ほどの緊張とは少し違い
目の前の相手に
安心感があり
興味や好意をいだいている
可能性があります。

心を許しているサインとも
いえるでしょう。

人は
他人に舌を見せることは
あまりないですよね。

失敗をしたときや
恥ずかしいときに
舌を出すこともあると思いますが
親しい友人や
家族の前だけの場合が
多いですよね。

しかし
先ほど紹介した
緊張をしているとか
ストレスを感じているといった
正反対の感情の場合と
勘違いしたくないですよね。

特に男性なんかは
目の前の女性が
緊張やストレスを
感じているのか
自分に
興味や好意があるのかは
しっかりチェックしたいですよね。

間違えてとらえないためには
相手の目もチェックすると
良いでしょう。

瞳を
大きく見開いているのか
眉間にしわが
寄っていないかを
チェックしましょう

瞳が
が大きく見開いていて
輝いていれば
あなたに
興味や好意を抱いている可能性は
高いでしょう。

反対に
眉間にしわが寄っていて
目を細めていたりしたら
緊張やストレスを
感じているかもしれません。

しっかり観察して
判断してみてください。

そして
女性とデートしている
シチュエーションなどで
お酒など唇を潤すものが
そばにあるにも関わらず
唇を舐める場合は
興味や好意が非常に高く
セックスアピールとして
考えることもできます。

しかし
あくまで傾向ですので
過度の期待はせずに
参考として捉えてください。

男女差や子供と大人の違いは?

sponsored link

続いて男女の差や
子供と大人の違いについて
それぞれ分けて
ご紹介していきたいと思います。

唇を触る・噛む・舐めるの男女差はある?

それぞれの
男女差についてにご紹介です。

唇を触る男女差

唇を触るという行動は
基本的には
癖のように
無意識に近い状態の
行動といわれていますが
女性の場合は
時として意識的に
可愛らしさを
アピールをする時に
使う場合もあります。

モデルさんなどが
写真撮影などで
意識的に
唇を触ることが
あるように
かわいらしい表現の
一つといえるでしょう。

男性の場合は
先ほど
ご紹介させていただいたように
口唇欲求の部分が
女性よりも
タバコやガムなど
女性に比べて好みますね。

唇を噛む男女差

コチラは
男女差は特になく
それよりは
どちらかというと
ストレスを
どれだけ感じやすいかという
男女差ではなく個人差
違いが出るでしょう。

しかし
やはり男性の方が
プライドが高い人
多い傾向にあるので
どちらかといえば
男性の方が
様々な場面で
唇をかむことが
多いかもしれません。

唇を舐める男女差

コチラも
大きな男女差はありません。

唇が渇きやすい体質の人や
それが気になる神経質の人の
個人差が大きいといえます。

しかし
どちらかといえば
個人的には
女性の方が多いような気がします。

男性はもしかすると
性的アピールを
隠そうという心理が働いて
人前で唇を
舐めないのかもしれません。

反対に
女性は口紅などを塗る為
唇に対して
意識がいくことにより
舐めてしまったりするとも言います。

ちなみに
唇を舐める癖を直したい
場合は
定番ですが
リップクリームを塗り
乾燥を防ぐと良いでしょう。

さらに
味付きのリップクリームで
舐めてしまったことを意識して
少しづつ改善すると良いでしょう。

唇に関する心理学を学んだところで
実際に異性がどのような仕草をするのか
見てみたくないですか?

「でも、相手がいない…」

という方には
心理学のスペシャリストDaiGoさんが監修した
恋愛マッチングアプリをオススメします。

有名人かつ心理学者が監修しているだけあって
マッチング率が高く
サクラもいないので
本気で異性を探すにはオススメです。

今すぐ「with」に無料登録して心理学を楽しむ>>

子供と大人の違いは?

子供

子供と大人の
大きな違いは
愛情の足りなさからくる
寂しさが
大きいでしょう。

子供というのは
愛情が足りなければ
寂しいという感情から
無意識に口や唇に
手で触れたりします。

これが無意識に
癖になり
親から注意されると
余計に気になってしまい
なかなか癖が直らない
なんてことも
よくあるでしょう。

そして
ストレスが
大きく感じれば
唇もかむでしょう。

子供の場合は
寂しさの大きさで
唇や口の癖は悪化するでしょう。

多くの場合は
親や大人に注意されて
いつの間にか
改善されますが
なかなか改善しない子もいます。

そんな時は
親や大人がスキンシップを
しっかりとってあげて
子供の話を
しっかり聞いてあげましょう。

そして唇を触る癖などが
なぜ良くないのかを
優しく説明してあげると
良いでしょう。

例えば・・・

「唇を嚙んでいると
血が出てばい菌が入っちゃうよ。」

「唇を舐めていると
唇にばい菌がついて
口に入っちゃうから
リップクリームを塗ろう。」

「唇を触っていると
唇にばい菌が入って
口がはれちゃうよ。」

など説明してあげると
良いでしょう。

爪を噛む心理についても
是非ご覧ください。
爪を噛む人の心理とは?子どもと大人での違いや癖を治す方法

大人の場合は
幼少の頃に
愛情が足りなかったとしても
もう大人ですので
子供に比べると
寂しさで
無意識にしてしまうのは
小さい原因といえます。

しかし
癖が残ってしまっている
部分もあります。

そこは
先ほどもご紹介したように
リップクリームなどを
活用して
癖を改善にしていきましょう。

また
性的アピールという部分では
子供とは
大きく違う部分になりますね。

最後に

唇を触る・噛む・舐めるの
心理についてご紹介しました。

それぞれに特徴があり
面白い心理と
いえるのではないでしょうか。

男女差や
子供と大人の
違いについても触れました。

子供に与える愛情
大切ですね。

それぞれ
癖の改善策
ご紹介しましたので
少しでも参考になれば幸いです。