思い出し笑いの心理とは

やめたい人が止める方法はあるの!?

原因病気って本当!?

「思い出し笑い」や
一人笑い」を
してしまうこともありますよね。

状況によっては
人に嫌がられてしまう
可能性もありますよね。

けれど
思い出し笑いを
止める方法ってあるのでしょうか?

原因は癖や病気という
本当なのでしょうか?

合わせてご紹介します。

思い出し笑いとは?

思い出し笑い

「人が笑う」
この笑い(わらい)とは
嬉しいときや
楽しいときに
おこる感情表現ですよね。

実は
人々の日常の笑いの多くは
「思い出し笑い」なのです。

心理学的に
笑いというのは
「その時に起きている」のではなく
『そのときに起きた出来事』に対して
『過去の記憶』が結び付き
笑いが起こるといわれています。

そのため
笑いの中でも
思い出し笑いが
大きな割合を占めるのです。

思い出し笑いの心理とは?

心理的な話になると
「思い出し笑い」や
「一人笑い」は
自覚症状がなく
笑っているといわれています。

つまり
空想や想像をしている時に
無意識に笑っている場合が多く
周囲の人から
嫌がられてしまう
可能性もありますね。

さらに心理を探っていくと
「思い出し笑い」が多い人は
〝想像力が豊かな人〟が多いため
「Hな人」が多いともいわれています。

原因は癖や病気?

sponsored link

思い出し笑いの原因は
一般的には癖が原因となるので
問題はありません。

考えてみれば
妄想や想像は
誰でもしますからね。

しかし
全てが癖というわけでは
ないですから
少ない可能性ですが
病気である可能性もあります。

もしも
精神的に問題があり
現実逃避
コミュニケーションが苦手で
思い出し笑いや一人笑いを
意図的に繰り返しているのならば
病気の可能性を疑うべきです。

その場合
総合失調症(とうごうしっちょうしょう)
が考えられます。

総合失調症とは
幻想(げんそう)や
幻聴(げんちょう)がおきたり
独り言などの症状が
おきる病気です。

幻想や幻聴のように
起きてもいない映像や
音が聞こえてくるので
突然
笑い出したり
誰もいないのに
話をしたりする症状が
おきてしまいます。

そのため
癖が原因ではない人は
病気の可能性があるので
心療内科に通う必要があるでしょう。

やめたい人が止める対策や解決策は?

解決策

病気が原因ではなく
思い出し笑いをしてしまう場合は
先ほどもご紹介したように
癖なので
あまり悩む必要はありません。

しかし
止めたいと思う人向けの
対策や解決策を6つに分けてご紹介します。

他に集中できることをしてみる

どうしても気になるという人は
他に何か集中できるようなこと
見つけてみてはいかがでしょうか。

運動や勉強など
妄想してしまう時間を
他のことに没頭することが
良いかもしれません。

良い意味で
暇な時間を作らないと
いうことが対策になるでしょう。

「ぼーっとしている時間」
が多いと
どうしてもいろんなことを
想像してしまうので
思い出し笑いが
起きやすい状態なので
意識して「ぼーっと」
しないことが良いですね。

体をつねって痛みを感じる

つねる

緊張したときなどにも有効ですが
心理学的に人間
痛みを感じると
現実を感じやすいといわれています。

思い出し笑いは
想像している時におきるので
脳を現実にもどすために
体をつねって痛みを感じると良いのです。

思い出し笑いや一人笑いで
にやにやしそうになった場合は
つねって痛みを感じると
効果的な対処法になるでしょう。

悲しいことなどを想像する

楽しいことを想像してしまうと
思い出し笑いの
ひきがねになってしまうので
にやにやしそうになったら
悲しいことや
つまらないことを想像すれば
笑いが止まるかもしれません。

自分の中で
笑いがおさまるような
過去の出来事を考えることが
とっさの対処法になるでしょう。

他の行動でごまかす

くしゃみ

どうしても笑えない
シチュエーションの場合には
他の行動でごまかすしかありません。

そういう場合は
くしゃみや咳
ごまかすのが有効的です。

くしゃみや咳の場合は
〝口を手でふさぐ〟
行動ができるので
ごまかすには
一番有効な手段になります。

飲み物を飲む

これは
状況にもよりますが
飲み物を飲む行動というのは
熱いコーヒーやお茶など
こぼれないように気を使ったり
他に集中しなければならなくなるので
笑いがおさまる可能性があります。

冷たい飲み物でも良いですが
温かい飲み物のほうが
集中度が増すのでおすすめです。

微笑む

どうしても
「我慢しなきゃ」と思うと
余計に笑ってしまうので
いっそのこと
微笑んでしまうのも有効です。

心理学的に
脳は微笑む程度でも
「笑った」と認識してくれるので
爆笑は避けられるかもしれません。

爆笑してしまえば
へんな風に思われてしまいますが
微笑む程度ならば
逆に好感を持たれるかもしれません。

最後に

思い出し笑いの心理について
ご紹介しました。

「思い出し笑い」や
「一人笑い」は
基本的には癖が原因
いうことが分かりました。

想像や空想が原因ですから
無意識に起きてしまうのですね。

やめたい人は
想像してしまう時間を
他のことに没頭することが
対策になるかもしれません。

統合失調症の疑いがある場合は
病院に通いましょう。