スピード婚後悔する心理とは

失敗して離婚しやすいのか

付き合ってすぐに
スピード婚で結婚した
カップルその後
幸せな結婚生活
送れているのでしょうか?

今回は
スピード婚で
後悔する人も心理について
お話していきます。

スピード結婚のメリットとデメリットは?

結婚

スピード結婚をしたカップルでも
その後のメリットデメリット
あるようです。

まずはそれぞれを
分けてお話していきます。

スピード結婚のメリットは?

スピード結婚といえば
1年も経過しないまま
結婚することがほとんどで
早いカップルですと
数か月程度で結婚してしまいます。

そんなスピード結婚での
メリットといえば
燃え上がった
『超ラブラブな気持ちのまま』
結婚できる点が一番です。

長く恋愛してしまうと
どうしても相手の嫌な部分が
見えてきてしまい
熱が少し冷めた状態で
結婚する場合がほとんどです。

その点でいえば
盛り上がった気持ちのまま
勢いで結婚できるので
子供を作るのも早そうですし
婚期のタイミングを
逃しにくいかもしれません。

スピード結婚のデメリットは?

スピード結婚の
デメリットといえば
『相手の嫌な部分』に気づかずに
結婚してしまうことです。

勢いで結婚してみたら
どうしても
許せないことが見えてきたり
相手のことがしっかり
分かっていないので
疑問に思う行動に気づいたときに
冷めてしまうかもしれないですよね。

スピード結婚で
後悔するパターンはやはり
「相手のことが良く分かっていなかった」
でしょう。

スピード婚で後悔する心理とは?

sponsored link

スピード結婚で
後悔する人の心理は
どのようなものなのでしょうか。

ここでは
5つに分けてご紹介していきます。

金銭感覚の違い

やっぱり
結婚すると
お金の問題が難しいでしょう。

結婚して
金銭感覚が違うと
お互いにストレスを
感じやすいといわれています。

特に
スピード結婚の場合
恋愛感覚で勢いで
結婚しているので
デートでたくさん
使ってしまったりして
将来の計画が
うまくいかないことも
考えられます。

夜の生活の不一致

十分にお互いの性生活を
理解できずに結婚しているので
いきなりセックスレスに
おちいったりします。

燃え上がっていた最初は
一致していたのに
急に夜の生活にお互いが
積極的でなくなってしまう
ケースも多いのです。

子供に関して

ママ

スピード結婚して
子供に関して
しっかり話し合わなかった場合
意見が食い違うことが考えられます。

「何人欲しい」

「今は欲しくない」

などの考え方がお互いに
異なるようなこともあります。

女性の本能で
子供が欲しいと思っても
男性側にその気がなければ
結婚を後悔してしまうかもしれません。

仕事と家庭のバランス

仕事と家庭のバランス
大切ですよね。

女性が結婚して
家庭に入るケースや
バリバリ働くケースなど
家庭によりそれぞれです。

夫は
家庭に入ってもらいたかったのに
妻は働きたいなど
意見の食い違いも考えられます。

また
結婚をきっかけに
夫が仕事を頑張りだしたら
「家庭に見向きできなくなった」
なんてこともあります。

スピード婚ですから
性格をしっかり
把握できていないので
冷めてしまう可能性があるのです。

将来に対する意見の食い違い

マイホーム購入や
仕事に対する考え
親に対する考えなど
結婚して将来に対する計画を
話し合う時間がなかった
スピード婚。

結婚してから
将来に対して
話し合うようになってみたら
意見の食い違いばかりで
喧嘩してしまうことも考えられます。

スピード婚は失敗して離婚しやすいのか?

ボクシング 女性

アメリカの大学での研究結果では
交際1年未満でスピード婚したカップルは
交際3年以上で結婚したカップルより
離婚率が39%も
高かったデータがあります。

研究結果がそのまま
当てはまるとは言えませんが
スピード婚をすると
じっくり付き合ったカップルよりも
明らかに離婚率が高いと
いうことになります。

少なくとも
長く付き合ったカップルは
離婚しずらいという
データとなっているのです。

失敗しないための対策は?

スピード婚をして
失敗しないためには
対策を知っておくと
良いですよね。

分けてお話していきます。

事前に将来を話し合う

熱しているときほど冷静に
話し合っておきましょう。

  • 親のこと
  • 子供のこと
  • お金のこと

少なくとも
上記にあげたものは
しっかり話しておきたいですね。

結婚することに
舞い上がりすぎていて
将来のことを考えていないと
後々のすれ違いに
なってしまいます。

運命の人と思いすぎない

結婚

運命の人で
理想通りと
思い込みすぎてしまうと
結婚した後に
後悔しやすいかもしれません。

結婚ですから
血のつながりのない二人が
一緒に住むので
幼少からの環境の違いから
生活感が違ってきて当たり前です。

「理想と違った…」

「運命の人じゃなかった…」

なんてならないように
そこまで
思い込まないようにしましょう。

結婚式をする

結婚式をしなかった
カップルよりも
結婚式をした
カップルのほうが
離婚率が低いという
データがあります。

これは
コミットメント効果という
人の宣言する力が
働いているのです。

コミットメント効果について
詳しくはこちらです。
心理学では有名なコミットメント効果とは?

最後に

スピード婚で
後悔する心理について
お話ししました。

恋愛が燃え上がり
結婚したくなるのは
良いことですよね。

ただし
心理学的には
離婚率が高いのも
事実なので
結婚前に話し合えることは
しっかり話し合うことを
オススメします。