結婚に踏み切れない人
理由心理は?

男性女性違いはあるの?!

早く別れるべき?!

近年では
もういい年齢なのに
プロポーズしてくれない彼
悩む女性
そもそも
結婚したいと思っていない男女
増えてきているといいます。

今回は
結婚に踏み切れない人の
その理由や心理について
ご紹介したいと思います。

結婚に踏み切れない人の理由と心理は?

結婚

長く付き合っていて
仲良いのに
結婚に踏み切れないカップルって
たまに見かけますよね。

パートナーと結婚したくないの?
それとも結婚できない事情があるのか?

結婚に踏み切れない人の
理由と心理について
ここでは3つに分けてご紹介します。

経済力に自信がない心理

近年では
この理由が一番多い
いわれていますね。

結婚となると
子供の将来のことや
マイホームの購入の検討など
経済力は家庭を持つうえで
とても重要ですよね。

まだ若い男性や女性ならば
お給料に不安を抱えている人が
ほとんどでしょう。

結婚式などの費用も考えると
なかなか踏み切れないですよね。

責任を負いたくない心理

結婚するということは
一般的には責任を負うと
いうことになりますよね。

恋愛しているカップルの頃とは違い
結婚届を提出して
法的な関係が結ばれるからです。

結婚という責任感
プレッシャーを感じてしまうのです。

もっといい人を探している心理

長く付き合っていても
結婚に踏みきれない人のパターンに
「今の彼氏・彼女より
もっといい人がいる」

淡い期待を持っている人がいます。

自分を過大評価していて
相手を見下してしまっているのです。

そう思って
お付き合いしてしまっているので
結婚しようという考えには
ならないのでしょう。

男性と女性の違いは?

sponsored link

男性と女性では
結婚に踏み切れない理由や原因に
大きな違いがあるといわれています。

ここでは男性と女性で
それぞれ分けてご紹介します。

男性の場合

男性の場合
結婚を意識すると
もちろん経済的なことを
一番に考えると思います。

しかし
その他にも理由があるでしょう。

例えば
内心では付き合っている彼女を
奥さんにするには不安があると
思っているかもしれません。

傾向として
結婚前のカップルは
女性は恋愛の延長として
結婚を考える傾向が
あるといわれていますが
男性の場合には
彼女と結婚相手を
別々に考えている人もいます。

彼女としては良くても
奥さんにするには
別の人が良いと
考えている男性もいるのです。

女性の場合

女性

昔と違い
女性の社会進出が多くなり
女性もしっかりと
稼ぐ時代になりましたよね。

そんなキャリアウーマンが
多い時代ですから
稼ぎの少ない頼りない男性とは
結婚したくないと考える女性が
増えて当たり前です。

昔は
女性の社会進出が難しく
結婚してお嫁さんになり
扶養してもらうのが当たり前でした。

男性を高望みしている間に
結婚適齢期を過ぎている女性も
多くなっています。

また女性の場合
男性に比べると結婚するまでは
実家から出ない人も多いですよね。

お母さんの美味しい手料理や
掃除洗濯もしてくれて
居心地の良い実家から離れたくなくて
結婚したくないという人もいるでしょう。

一昔前ならば
結婚適齢期を過ぎてしまえば
親からは「お見合いをしなさい」など
世間からは冷たい目線を浴びていました。

しかし
現代では
親は可愛い娘を
手元に置いておきたい気持ちもあり
娘も居心地のよい実家を
気に入ってしまいます。

その他にも
「まだ遊んでいたい」
「男性にチヤホヤされていたい」
などの
現代ならではの女性の考えが
未婚の大きな原因になっているようです。

今の相手と
結婚式を挙げることを
想像してみてください。

そしてその後の夫婦生活を
想像してみてください。

自分が心の底ではどうしたいか
分かるかもしれません。

より具体的にイメージするために
オススメの結婚式プランニングをご紹介します。

「自分らしい結婚式なら」gensen wedding



別れるべきなのか?

男女

なかなか
結婚に踏み切ってくれないパートナー
悩んでしまっている場合
別れるべきなのでしょうか?

ここでも
男女で分けてご紹介します。

男性は彼女と別れるべき?

彼女のことは好きだけど
経済的に自信がない…

将来に対して不安・・・

男性の場合
経済的な不安や
将来に負う責任感の重さから
なかなか結婚に踏み切れないものです。

そんな不安を
彼女に正直に話してみては
いかがでしょうか?

自分の不安を話して
結婚するために
彼女と一緒に貯金をしたり
将来の計画を相談するのが理想です。

昔と違い
男性が女性を扶養して
女性が家庭に入るという
夫婦像だけではなく
女性も仕事をして
男性も家事を手伝うという
ライフスタイルもあります。

一生を共に過ごしていこうと
思っている彼女なのですから
なんでも相談できる関係
なっておいた方が良いので
不安に思っていることを
思い切って彼女に話してみるのは
いかがでしょうか。

女性は彼氏と別れるべき?

スマホ 女性

人はそれぞれの
考えや価値観があるので
結婚に踏み切ってくれない
彼氏に対して
別れるという選択を
するべきとは言えません。

しかし
適齢期になり
結婚したいと思っている女性も
多いでしょうし
悩んでいる女性も多いのも事実です。

まず大切なことは
自分にとっての優先順位です。

彼氏が一番なのか?
結婚が一番なのか?

ここをはっきりする必要があります。

女性は適齢期になると
「彼氏か結婚か」という選択を
時にはしなければならないでしょう。

彼といると
自分はポジティブになれるのか?彼との将来を想像できるのか?彼との子供は欲しい?

人生では
結婚がすべてではないですが
女性には男性にはない出産という
ものがあります。

出産には年齢が関係してくるので
ある程度は適齢期ということを
考えなければなりません。

自分にとって結婚が一番大切ならば
彼氏に伝えるべきです。

そうすることで
彼自身も結婚に対して
真剣に考えるきっかけに
なるかもしれません。

彼の答えがどうなろうと
あなたの人生
変えるきっかけにもなるでしょう。

ちなみに
日本の未婚率の上昇
問題になっていますので
調査結果を紹介しておきます。

50歳まで一度も
結婚をしたことがない人の割合を示す
「生涯未婚率」について
2015年の国勢調査の結果
男性で23.37%、女性で14.06%に
のぼったことがわかった。

前回の2010年の結果と比べて急上昇し
過去最高を更新した。

今回の調査では
男性のおよそ4人に1人
女性のおよそ7人に1人が生涯未婚であることがわかった。
「結婚離れ」が進んでいると言える。

今後も未婚率の上昇は
国で問題になっていくでしょう。

結婚のことを
より具体的に想像することで
今のパートナーに対する
自分の想いが分かります。

ここまで読んできて
やっぱり今の相手と結婚したいと思ったら
その直感を信じることも大事ですよ。

「自分らしい結婚式なら」gensen wedding



最後に

結婚に踏み切れない人の
理由と心理についてご紹介しました。

現代の経済事情
深くかかわっていることが
分かりました。

男性と女性で違いについても
触れました。

男女では
将来の考え方も違いがあり
特に女性の場合は
出産などの適齢期の関係もあるので
時には結婚に対して
真剣に考えることが必要な場合もあります。

結婚に踏み切れない心理や
理由をしっかり理解して
カップル同士
不安や悩みは
相談できることが理想ですね。