東京での生活
疲れた時心理学的対処法は?

仕事一人暮らし原因

人がとてもたくさんいる
東京では
精神的疲れてしまう人が
増えてしまっています。

今回は
その原因や心理学的な対処法を
ご紹介していきます。

東京での生活が疲れる理由や原因は?

東京

東京で生まれた人も
何らかの理由で
東京に引っ越してきた人も
様々な理由から
生活に疲れてしまう人がいるようです。

ここでは
東京での生活に疲れてしまう人の
理由や原因を分けてご紹介します。

競争が激しい

東京は
競争が激しい街でもあります。

日本全国から
進学や就職など
地方から様々な人が
集まってくるのが東京です。

その中には
優秀な人がたくさんいるので
自然と競争が
激しくなってしまいます。

地方の田舎では
社会的評価の高い仕事や
高収入の仕事が少ないですので
東京に出て
評価の高い仕事や
高収入の仕事を優秀な人は狙ってきます。

そんな優秀な人たち同士が
競争していくわけですから
自然と競争は
激しくなっていってしまいます。

仕事やお金だけでなく
遊ぶ場所もたくさんあり
誘惑が多い部分もあります。

そういったことも含めて
東京という街が魅力的に
思う人も多いでしょうし
タワーマンションに住む
お金持ちの人たちもいて

「自分は負け組なのかな…。」

と思ってしまうこともあるでしょう。

通勤ラッシュの満員電車

電車

東京で生活していると
満員電車ほど
辛いものはありません。

朝の出勤の
通勤ラッシュの時間は
ほぼほぼ満員です。

極端な言い方ですが
毎日人に押しつぶされながら
通勤しなければいけません。

道を歩くにしても
東京は道も狭く人も多いので
人とぶつかりそうになることも多いです。

このように
常に他人が近くにいて
窮屈に感じる生活が東京には多く
疲れる原因になります。

生活費がかかる

東京は
土地が高いので
当たり前のように家賃も高く
住んでいるだけで
田舎の何倍ものお金が飛んでいきます。

また
食品や日用品の
買い物も田舎よりも高く
お金がかかります。

さらに
車を所有すれば
破格の駐車場代がかかり
車で移動すれば
高い駐車場代を払うことにもなります。

このように
生活費が高く
お金の面で苦しいので
疲れてしまうのでしょう。

仕事や一人暮らしが原因なの?

sponsored link

東京といえば
様々な業種の仕事があります。

そして
仕事での悩みを抱える人
たくさんいます。

さらに
アパートやマンションが
たくさん立っていて
一人暮らしの人も多くいます。

ここでは
東京での仕事
一人暮らしの悩みから
疲れてしまう原因を
分けてご紹介します。

東京の仕事は疲れる?

東京での生活で
疲れてしまう原因として
一番は仕事の悩みでしょう。

東京には
企業の数もたくさんあるため
職業の選択肢もとても多いです。

当然
いい職業やいい企業を
たくさんのライバルと
競争しながら選ぶため
普通に他人との優劣がつけられてしまいます。

さらに
就職してからも
職場の同僚との出世争い
ライバル会社たちとの
戦いが待っています。

無意識のうちに
人と比較し合う生活になり

・学歴・収入

・恋人

・配偶者

・子供

・住んでる家

・住んでいる場所

「他人の絶対数」が多い東京では
嫌でも知らない人とでさえ
比較し合うようになってしまうのです。

その中でも
生活するために
しなければならない
「仕事」では
様々な悩みが生まれるのです。

一人暮らしが原因なの?

男性

人が多い東京では
一人暮らしの人も多いです。

たくさんの人がいても
隣人の付き合いなどが
少ない東京では
とても孤独です。

確かに
田舎に比べて
街の街頭などの明かりは明るく
人は夜でも歩いています。

それでも
人付き合いのない東京では
家に帰ってからも寂しいのです。

地方から出てきた人が
ホームシックにかかる原因は
一人暮らしも
大きく関係していて
とても辛いのです。

疲れないための心理学的な対処法は?

解決策

ここまで
東京での生活で疲れてしまう
理由や原因について
ご紹介してきました。

でも
東京で疲れないためには
どうしたらいいのか?

本当に悩んじゃいますよね。

そこで
東京での生活で
疲れないための心理学的な対処法を
分けてご紹介します。

人間関係を整理する

東京は人であふれているので
多くの人とかかわろうとすると
とんでもない人数になってしまいます。

それよりも大切になるのが
「本当に信頼できる人」
との関係を作ることです。

浅い関係の人がたくさんいても
管理しきれませんし
信頼関係を作ることは難しいでしょう。

さらに
自分の悩みや相談
打ち明けることもできず
逆にストレスを感じてしまいます。

それであれば
いっそのこと人間関係は絞って
「信頼できる人」
深く付き合っていくことが重要です。

理想の相手としては
東京で自分が困った時に
アドバイスをくれたり
相談できる人が良いでしょう。

癒される場所を見つける

公園

人が多い東京では
一人で癒される場所が少ないです。

確かに家に帰れば
一人になれるので
リラックスできます。

でも
休日に家にずっと引きこもっていると
逆にストレス
が溜まってしまうでしょう。

そのため
外にいても
自分が癒されるような場所
作っていた方が良いでしょう。

「公園」でも「喫茶店」でも
何でもよいので
その場所に行けば
自分がリセットできるような
お気に入りの場所が理想です。

断る勇気を持つ

東京には
遊ぶ場所や飲み屋など
たくさんの誘惑があります。

もちろん
遊びの誘いも
たくさんあるでしょう。

「誘いを断る」と
嫌われてしまうのではないか?

なんて思ってしまう人は
注意が必要です。

何でもかんでも
付き合いをよくしていると
疲れてしまいます。

自分は自分の境界線を引いて
生活をしていかないと
とても疲れ切ってしまうでしょう。

最後に

東京での生活に
疲れた時の
心理学的な対処法について
ご紹介しました。

地方から
志を持って
東京に来る人も多いでしょう。

でも
これだけの人の多さですから
精神的に疲れてしまいますよね。

今回紹介した
対処法が少しでも
参考になれば幸いです。

東京で
一年以内の結婚を目指すには
こちらの記事をご覧ください。
【明るく楽しい日々へ】東京・横浜・関東で1年以内に結婚を目指せる?!