引きこもり主婦とは?!

40代・50代多い理由は?

心理的原因脱出法は?

社会人や学生など
引きこもりが
深刻な社会問題となっています。

そんな中
〝引きこもり主婦〟が
増えてきていると言います。

一体
引きこもり主婦とは?

40代~50代に多いのはなぜ?

心理的原因や
脱出方法についても
詳しくご紹介していきます。

引きこもり主婦とは?

アイロン

引きこもりというと
学生やニートなど
家に閉じこもっている状況
想像してしまうのですが
近年では
大人の主婦にも
存在しているというから驚きです。

引きこもり主婦とは
外に出るという事から
遠ざかっている主婦のことを言います。

仕事はしたくない
外には出たくないという状態です。

普通は〝引きこもり〟を
イメージすると
家の中でなにもしないで
ゴロゴロと1日過ごしていることを
想像しますよね。

しかし
主婦の場合は
家事はしているので
何もしていないわけではありません。

家事をこなしているので
ご家族の方が
〝引きこもり〟に気づくのに
時間がかかる
特徴があります。

そして
問題の本人は
家事以外の事は
何もしていないという状態が続き
他のことに対して
何もする気がおきないのです。

もちろん原因は
それだけではなく様々ですが
日常の色々なことが重なり
無気力な状態になり
引きこもりに繋がっていると
いう事が現状です。

40代・50代に多い理由は?

sponsored link

実は
引きこもり主婦は
40代~50代の主婦が多いと
いわれています。

一番の原因は
40代~50代の女性の身体は
「更年期」という時期に入り
身体や精神に
不調が生じやすいからです。

「更年期」になると
身体が〝だるい〟状態や
何もやる気が起きない
無気力な状態にもなりやすいです。

そして
年齢的に子供もある程度大きくなり
手のかからないようになることで
環境が変化することも
大きな原因のひとつにあります。

また
体調がすぐれない状態で
仕事をしていると
非常に精神的に苦痛となります。

そして
40代50代の女性は
年齢とともに衰えた卵巣機能が
女性ホルモンの
エストロゲンの減少により
「更年期障害」に
なってしまうのです。

「更年期障害」
なってしまうと
心身の不調としては
〝めまい〟〝息切れ〟
精神的には
〝情緒不安定〟
〝喪失感〟など
様々な症状も出てきてしまいます。

年齢的には子供の世話が少なくなり
負担が少なくなったはずなのに
なぜか「さびしい」
感じる責任感の強い
主婦の方もいるのです。

気持ちに穴があいたように感じて
落ち込んで
何もする気がなくなる事や
喪失感などから
引きこもりになる事もあるのです。

心理的原因と脱出法は?

いじめ

引きこもり主婦だと気づいたときに
心理的原因と脱出方法
知っておかなければいけません。

ここでは
分けてご紹介したいと思います。

心理的原因は?

引きこもりで1番の問題
内に閉じこもってしまい
外との繋がりを
持とうとしないことです。

外との繋がりは
とても重要で人間は
人との関わりで元気になったり
会話することで
ストレス発散になったりします。

そして
心理的原因の大きな一つは
〝引きこもり〟であることを
自分自身が認められないことです。

自分は「家事も頑張っているし」
「今まで子供の教育だって頑張ってきた」

だから
「引きこもり主婦ではない!」
思いこみ認められないのです。

自分自身の今の現状を認め
「これからどうするべきか」を
考えていかなければなりません。

脱出方法は?

やはり
引きこもりからは
脱出しなければいけません。
ここでは3つに分けてご紹介します。

趣味を見つけてゆったり過ごす

バラ

家事を淡々とこなし
その後は一人で
引きこもることはやめて
趣味を見つけましょう。

いきなり外に趣味を
見つけるのは難しくても
「絵を書いてみたり」
「花をきれいに飾ってみたり」

なんでもよいので
自分が楽しいと思うことを
見つけてください。

その楽しいことが
あなたを明るくして
外との繋がりを持つ
第一歩になるかもしれません。

ある意味
休を休める事が必要な時なんだと考えて
楽しく時間を過ごしましょう。

パートやアルバイトを探してみる

少しづつ趣味などができて
心に余裕が出てきたら
パートなどに出てみるのも良いでしょう。

引きこもり主婦になる人の多くは
真面目で完璧主義な人が多いです。

家事と仕事を
しっかりできない自分を責めて
引きこもりになってしまうことも
考えられます。

そういう責任感の強い人は
あえて少し働きながら
リハビリをすることもアリですね。

自分に無理のないペース
週に数日で良いので
行えるようにしましょう。

信頼できる人に相談する

旦那さんが仕事で忙しくて
なかなかお話を
聞いてもらえない状況も
考えられるので
信頼できるご家族や友人など
勇気を出して相談してみましょう。

引きこもり主婦の多くは
人に迷惑が掛からないように
一人で抱え込む傾向にあるので
信頼できるご家族や友人に
勇気を持って相談しましょう。

必ず誰かが
手を差し伸べてくれるはずです。

運動をする

ジョギング 女性

運動不足になると
体の不調の原因になるので
家の中でいいので
身体を動かすように心がけましょう。

ストレッチからでも良いですし
ラジオ体操など
運動をしましょう。

慣れてきたら
ウォーキングなどに切り替えて
外に出るようにしましょう。

最後に

引きこもり主婦について
ご紹介しました。

もともとは
責任感の強い人に多いが特徴です。

40代・50代
多い理由についても触れました。

更年期の時期で
女性にとってはつらいですね。

脱出法は様々ですが
自分に合った方法
試してみてください。