セックスレス心理は?

拒否する理由とは?!

原因浮気不倫?!

夜の夫婦生活
とても大切なものですよね。

しかし
近年ではセックスレスの夫婦が
急増して問題となっています。

今回は
セックスレスの心理と
原因について
ご紹介したいと思います。

セックスレスの心理は?

セックスレス

恋人の頃には想像もできないほど
セックスレスになってしまう
家庭は多いといいます。

セックスレスが原因で
夫婦関係が冷めきってしまうことも
考えられます。

ここでは
セックスレスに陥る夫婦の心理について
3つに分けてご紹介します。

ストレスの心理

夫婦も年齢を重ねていくと
子ども成長とともに進路など
悩みが多くなるでしょう。

ストレスが大きくなると
性に対しての興味も薄れてしまい
セックスレスになってしまうのです。

旦那さんの場合
一般的に年齢が上がるにつれて
仕事での責任感が大きくなってしまい
プレッシャーが原因で
他のことに頭が回らなくなり
心理的に仕事のことばかり考えていると
セックスレスの要因になるのかもしれません。

無理してしまう心理

セックスレスだと頭で理解して
焦っていきなりセックスを
行おうとしても
上手くいかない場合もあります。

そして
セックスレスの状態が続くと
気持ちが焦ってしまったり
不安になってしまうかもしれません。

最悪の場合
焦りからセックスレスの状態が
悪化してしまうケースも考えられます。

夫婦関係が変化する心理

恋人だった二人が
結婚すると関係性
変化するのは当たり前ですよね。

夫婦の金銭事情や
子育ての考え方など
「恋人同士」から
「家族」と変化していきます。

「恋人同士」
〝夜の営み〟
「家族」となってからの
〝夜の営み〟
差を感じてしまい
セックスレスに
陥ってしまうのかもしれません。

妻が拒否する家庭の理由とは?

sponsored link

セックスレスでは
どちらが嫌がっているのかも問題ですが
ここでは「奥さんが夫婦生活を拒否している」
という悩みを持つ旦那さん
非常に多くなっていることについて
その理由をご紹介していきます。

実は
夫婦がセックスレスになる可能性が
最も高いのは
奥さんの出産直後なのです。

「産後クライシス」という言葉を
ご存知でしょうか?

出産後の
ホルモンバランスの変化や
体調不良や
赤ちゃんの面倒に対する不安で
心も身体もさまざまな原因によって
状態が良くなくなってしまいます。

この状態を
「産後クライシス」
いいますが
実はかなり昔から
産後は夫婦関係が変わる傾向に
あったそうです。

医学的には
出産後1~2か月程度
「夫婦生活を控えたほうが良い」
言われています。

産後の女性は
痛みや傷など
身体にダメージが残っているのです。

痛みなどの原因から
セックスを躊躇(ちゅうちょ)してしまう
女性の気持ちがあります。

さらに
子供を産んだ後の女性は
赤ちゃんのことで
頭がいっぱいになり
疲れもピークに達するでしょう。

「セックスをするよりも
睡眠をとりたい」と思うのは
仕方のない事なのです。

原因は浮気や不倫?

女性 嫉妬

セックスレスといっても
様々な原因が考えられるので
出産後意外の原因についても
考えていかなければいけません。

あまり考えたくないことではありますが
浮気や不倫についても触れていきます。

ここでは3つに分けてご紹介します。

他の男性に対する恋心

妻が夜の営みを
拒否する理由の1つに
「浮気」があると思います。

ただし
浮気といっても
肉体関係だけではなく
夫以外の男性に
恋心を抱いてしまっていることも
考えらえます。

奥さんの気持ち
旦那さんから離れてしまっていると
夜の営みを拒否することが
多くなるでしょう。

夫婦生活のマンネリ感

女性

女性の場合
専業主婦の方など
日々の生活パターンに不満を持ったり
日々同じことを繰り返す
マンネリ感が嫌になり
刺激を求めてしまい
不倫に走ってしまうことも
考えられます。

このように
マンネリ感により
刺激を欲してしまう女性がいることも
一つの原因になるのです。

旦那さんが原因での浮気

実は
奥さんの浮気の原因のほとんどは
パートナーの
旦那さんにあると言われています。

一番多いと考えられるのは
先に旦那さんが
浮気してしまい
腹いせで奥さんが
浮気に走るケースです。

その他には
暴力や激しい束縛など
嫌がることを必要にしてしまい
助けを求めるように
浮気や不倫に走ってしまう
ケースも考えられます。

改善方法は?

カップル

問題を解消して改善していくには
どうすればよいのでしょうか?

ここでは浮気や不倫の場合と
それ以外の場合で分けてご紹介します。

浮気や不倫の場合

浮気や不倫が原因である場合
事実確認が出来ていない状態では
焦って行動するのは控えましょう。

怒って離婚届を突き付けたりすることは
事態の悪化を招きかねません。

会っていたその男が
浮気相手ではなく友人や弟であった
ケースもあるほどです。

確証がないうちは
冷静な態度でいるべきです。

もしも
ある程度の確証があるのならば
確実なのは探偵に依頼することでしょう。

浮気や不倫を調べるためには
一人では限界があります。

それならば費用がかかっても
浮気調査のプロに依頼をすれば
はっきりさせられる可能性が高いでしょう。

事実を確認した後に
離婚を考えるのか
話し合いで関係を改善するのか
考えるべきなのです。

それ以外の場合

男女

それ以外のケースでは
ストレスが原因であるならば
「ストレスを上手に解消する方法」
考えるべきです。

おすすめは挨拶です。

「お帰り」や「ただいま」
「ありがとう」など
当たり前のことでも
そう言うちょっとしたことを継続していけば
セックスレスの改善に繋がる可能性があります。

そして
少しずつでも
小さなスキンシップ
することも大切です。

リラックスするために
「お互いの体をマッサージする」など
お互いの身体に触れることで
第一歩につながることも考えられます。

また
「恋人同士」の時のような
関係に戻る事は難しくても
子どもを両親に預けて
夫婦だけでデートをしてみるのも
良いでしょう。

とにかく
一気に改善は難しいので
少しずつ
二人に合った方法を
探していきましょう。

最後に

セックスレスの心理について
ご紹介しました。

現代はストレスが
大きな原因となるのですね。

奥さんがが拒否する理由
原因についても触れました。

浮気や不倫が原因の場合は
とても難しいので
第三者の力が必要となりそうです。

それ以外の問題の場合は
夫婦2人に合った改善方を
少しずつ探せると良いですね。